活動報告

研修会参加報告

 

2017/06/17

 

第18回 日本体験学習研究会 全国大会 報告

 

 

 

 今回は、12月から繰り返し検討を重ねてきた「ジョハリの窓」をもとにしたふりかえりシートを使った財を準備していきました。提案の骨子は別紙資料をご覧ください。

 

 

 

体験が終わって参加者からいただいたフィードバックより

 

「心の4つの窓」シートを使ってのわかちあいを経験して

 

○ふりかえりの仕方について

 

・ふせんの書き方や渡し方でデモンストレーションがあるとより進め方が分かった。

 

・もう少し段階を踏んだらよいのでは。いろいろなことがごっちゃになっている。

 

 

 

○①で重ならないことについて

 

・自分の内側を書いた。他の人は行動。光の当たり方が違う。

 

・体験学習のふりかえりになれている人は、行動や態度より内面を書いている。内面は重ならない。

 

・「ことがら」をどう書いてよいか、曖昧になってしまった。これがふせんを受け取ったときに①で重ならない要因になった。

 

・厳密な人は入れられないと思う。自分はキーワードが一致するくらいで軽く一致させていた。

 

・③は自分がどういう意図でその行動をしたかということを書いている。だからこれは他の人からは出てこず重ならない。

 

・自己開示しているのに伝わっていなくて重ならず③になることもある。

 

・書いてなくても①に貼ってよいとしたらどうか。

 

→今まで実施したときにも①が重ならない場合があることが分かっていた。「ことがら」ということで行動面を書くように意図していた。

 

 

 

○②「盲点」の欄について

 

・他の人からもらったふせんを②に貼ったが、自分で分かっていたが書いていないもの、本当に知らなかったものとある。それを区分けする時間があるとよかった。

 

 

 

○ノンバーバル・クラフトについて

 

・どのような意図でこの財をもってきたか。

 

→さりげなくはさみをとってあげるなどの行動に気が付く。相手の内面にも目を向けられる。人それぞれの行動について想像を働かせることができる。

 

・創作する財はよいと思う。

 

・作っているときに相手の行動を見ていなかった。それを書くように言われるとしんどい。

 

・グループでやりとりが多い財がよいのでは。グループでどんなことが起こっているかわかりやすい。

 

 

 

○④「未知」の欄について

 

・自分のシートを見るだけで未知を書くのは難しい。自分の認知が出来ている人は出来ると思うが。

 

・ふせんのやりとりが終わった後に互いに話が出来ると④を記入する内容のヒントがもらえると思う。

 

・自己開示、フィードバックを丁寧にしていくことにより出てくる。

 

 

 

○ジョハリの窓の理解について

 

・最後に広がり、②③が開放になったというまとめでよいのでは。

 

・これはジョハリの窓を理解することにならない。自己開示やフィードバックの意味に誤解を招くのでは。

 

・ある程度理解している人にとっては開放領域が広がるというところが実感をもてるのでは。

 

・初めてだったのでジョハリの窓というものの存在を理解した。

 

・どのくらいジョハリの窓の理解というところに重点を置くのかという指導者側のねらいによる。

 

 

 

○その他

 

・相手の言葉を批判ととらえてしまう人がいる。知らない所を教えてもらえたという心持ちになれる。

 

 

 

 

 

※今回いただいたご意見や、実施してみて感じたことをもとに夏の講習会で実施します。

 

第17回 日本体験学習研究会 全国大会 報告

 

体験が終わって参加者からいただいたフィードバックより

 

○内容について

・「お楽しみ会」という言葉を久しぶりに聞き、本当にやりたいという気持ちをもった。

・始めのブレインストーミングで自分が出した遊びを他のグループが採用してくれ嬉しかった。また、その遊びもそのグループで解釈をし、よりよいものになっていた。

・当事者意識をもてる。高校の文化祭で出し物を決めるときに単純にアンケートを取る方法よりもイメージがもてる。

・課題の最終は、順番を決めてそれぞれの遊びの時間も決めていくというところまで想定されるが、そのうちのどこまでを行うかを明示する。

・時間、内容、プログラムなどを変数と考え、発達の段階に合わせその制約を解除していく。

・「遊園地で遊ぼう」でジュースを2回飲むというような隙みたいな部分も認めていく。

・プログラム作りは始めは企画者の視点で取り組んでいた。話し合いが楽しくなってきて初めの自分の意見にこだわりがなかった。

→子どもは自分の意見を出し合ってその後くっつけるというアイデアが出てくるが、今回のメンバーは始めから意見をくっつけるというような話し合いがなされているように見えた。

・今回の体験は「合意形成の練習」と「本当の所」の間ではなかったか。個を尊重した話し合いをしたいが多くは言い合いで終わる。感情に配慮した話し合いと民主主義的決定は対立概念ではない。今まで客観的と思っていた話し合いにも感情も入っていた。

・感情に関して ジェットコースターの理由としてそれぞれのエピソードまで話せるとよい。そのようなことまで話をするという視点をもてる支援。エピソードを大事にすると決められる。 

 

○話し合いのプロセスについて

・話し合いの時間が短かった。初めて会った人でコンセンサスを取る難しさがあった。今回は知り合いながらできた。今回はこの全国大会の場だから成立した。他の場だったら難しい。今回は決まらなくてもプロセスには満足している。

・初めて会った人でも共感するものは盛り上がる。

・グループ作りの際に全体のメンバーを見る機会があったことにより、参加者の年齢によって選ぶゲームを決められた

・20分間という制限の中で話し合いをもっとしたかった。(プロセスの共有)

・課題に必然性があるほど納得したい。 

 

○財づくりに関連して

・子ども達の実体験に配慮して作る。子ども達にとって無理なのか、やさしすぎるのか、あらいなおして質を上げる。

・プログラムの場づくりと参加者の自由の関係。自由すぎるとプログラムにならないし、制約がきつ過ぎると動かない。ブレインストーミングで出されたゲームの内容が分からないままはじめたこと。元の財では90分でそれぞれのゲームの時間まで制約されている。小学生ではこれくらいの制約をするという判断もある。 

 

○課題シート

・理由を書くスペースを区切ったほうがよい。理由が何を大切にしているかになる。今回は何を大切にしたいかがぼやけてしまった。

・「理由」が他の言葉にならないか。「決めるときの自分の視点」など。 

 

○ふりかえりシート

・2と3でどちらに書くか迷った。

・2の「できましたか」は書きにくい。

・コンテントは聞いていない。プロセスばかり。慣れていない人には書きにくい。

・2は「話し合いのプロセスで起きたこと」「メンバーについて知って感じたこと」のどちらか。

→トレーニングだが、この場でメンバーについて知り合ってほしいという意図

・3 みんなで話し合って何かを「決めるために」を「決めようとするために」するとよいのでは。

→できていなくてもこれからどのようにしていくかという視点ではよいと思う。

・1-③ 「みんなは」だと下の評価の1や2に付けにくい。みんなに対する評価が出てしまうのではないかと心配。「あなたの考え」ではなく「互いの考え」ならまだよい。

・きいてくれてありがとうという気持ちは、上の評価に付けやすい。

→低い数字に付けることはよい、わるいではない。伝えることはよい。おこる感情を出すのとは違う。

第15回日本体験学習研究会全国大会 参加報告

 

 今回のサブテーマは「知り合うから始めよう」としました。第4巻で新しく設定した「知り合う」のカテゴリーについて紹介するとともに、体験してもらった感想を生かしていこうとするものです。
 参加者からフィードバックをしてもらう時間では、いろいろな意見をいただきました。講習会ではないので、財についての率直な意見もいただき、今後に生かしていけそうです。

 また、今回は全体会で星野先生からお話をいただくコーナーもありました。今まで何度もお話しいただいている「非操作」「受容」「観察」「自己フィードバック」などに加え今回は「プログラムデザイナー」ということで学ぶ人中心のプログラムを作成しているかという点で日頃の自分について振り返る機会をもつことができました。

 

 

第14回日本体験学習研究会全国大会 参加報告
                                                             

 今回のサブテーマは「財はくりかえす、気づきは積み上げる」としました。今年度は、同じ財を繰り返し行うことにより子どもの成長が見られるという実践をしている会員がいます。学級でGWTを行うときには、前回のGWTの気づきをふりかえり次の活動に生かすということを行うことができるということを以前から話題にしています。
 そこで今回は、参加される方にも同じように複数の財を体験し、その中で前の気づきを生かすことができたかということを問いたいと思い企画をしました。
 
 はじめにミニレクチャー「学校GWTとは」で日常化や一般化に重点を置いた話をしました。そして「みんなあつまれ2」の財を行いました。グループワークになれた人たちが集まっているのでそれぞれ自主的に自己紹介をするなどはじめから打ち解けた雰囲気になっていきました。それぞれ貼り方も工夫していました。
 次に、「どこがちがうの?」の財を行いました。この財は今年度の財づくり合宿で作られた新財です。いくつ誤りがあるのか知りたかったという声もありましたが、時間内は探す活動を続けて欲しいこと等の理由で誤りの数は知らせていません。
 昼食休憩を挟んだ後、「いろとりどり」の財を行いました。今回は途中でグループを替えずに同じグループで取り組んだので短い時間の中でもそれぞれ役割分担をしながら取り組んでいました。今回は貼り方の例示をしなかったこともあり、平面にとらわれず立体的な鳥ができるなど今までにない作品になっていました。

 全体での話し合いでは、次のような感想、質問、意見等をもらいました。
・ねらいを明確にする。
・答え合わせ 事前に誤りの数が分かっていた方が達成感をもてる。
・子どもの中でトラブルが起こる場合は。財実施が成り立たないと予想されるときには。
・教師はファシリテーターとしてどのように関わるか。グループへの介入は。

 毎回、こちらが意図した以上の気付きをいただけることが私たちの学びになっていると思いました。また来年も参加していけたらいいと思います。

Index

It's New!!

 

学校GWTについて

学校GWTについて

学校GWTでの気づきの順 

学校GWTの分野

 

定例会・講習会について

定例会ニュース

2017年度活動予定

講習会・研修会ニュース 

 

出版物について

研究会からの出版物

GWT関連の出版物

その他オススメ関連の書籍 

 

リンク 

 

お問合わせはこちらから

※入力後、メールアドレスの確認をお願いします。 

 

おまけ:その日、徒然…

    掲示板へ